FMEAを作成するコツやポイントはありますか?

それは、参照マニュアルFMEA第4版のフォーマット・ルール通りに

作成することです。

 

このフォーマットの項目を省略して

書こうものなら、指摘となります。

 

ルール通りに作るとは

 

・厳しさが9点以上のものには、必ず対策内容を書くとか

・検出で目視のみなら、8点にするとか

 

マニュアル通りに忠実に行います。発生頻度は経験則からの

えいやで構いません。そんなもので大丈夫です。

 

他には

 

・QC工程図の各保証内容と項目を同じにする

・クレームトラブルの対策は、FMEAに追加する

 後で読み返した時、いつ何の時のクレームやトラブルの

 対策のことか分かるように、クレームの管理Noを

 故障モードの脇あたりに明記しておくと分かりやすいです。

・横断的CFTチームで作ったのが分かるように、メンバー名を書いておく

・FMEA Noも書きましょう。これは組織内でどのようなNoを書くか

 ルールを決めて構いません。書かないと文書管理の識別がされていないと

みなされて、最悪MI-NCを喰らいます。

 

これだけです。

 

本来なら何かの3M変更や、クレームトラブル対策を

した都度改定するのが筋ですが

そうすれば、FMEA記録の版が増えて煩雑になり、

文書管理がやりにくくなるケースも存在してきます。

 

なので、1年に1回総見直しするとか、

半年に1回まとめて見直すとか、それでもいいと思います。

 

これまで外部審査は4回受けましたが

そのまとめて見直しで特に何も言われませんでした。

深夜残業(午前様)でも、疲れを極力溜めずに数年乗り切るコツ

私は入社当時、品質保証部の中でも、顧客のクレーム対応をする

最前線の部署でした。

 

お客さんから直接クレームの電話やメールは来ませんが

営業を介して、クレームが来て

 

その原因調査と再発防止策を立てて、周囲の部署を

動かすという使命でした。

 

当然のことながら、クレームは時と場所と問わずに

いろいろと降りかかってきて

それぞれの案件に納期が設定されています。

 

なので自分のペースで仕事を進めることが

なかなかできずに、常に回答作成に追われる

毎日を過ごすことになります。

 

帰宅が深夜0時近くなる日は、ざらで

むしろそれが常態化していました。

 

もちろん金曜日などの定時帰ろう日には

18時前くらいには帰れる日も多かったです。

 

たしかにそこで過ごした数年間は

大変なものでしたが

体調や精神を壊すことなく乗り切れました。

 

今となっては良い思い出です。

あまり悪い印象の記憶は残っていません。

 

こんな日付が変わるくらいまで

業務をしていたのに、なぜ乗り切れたのでしょうか

それには自分なりの工夫をしていたものです。

 

それは、まず土日祝日の休日の楽しみを

持つことでした。

これによって、がんばれます。

 

では平日はどう過ごしていたかというと

まず深夜0時に帰宅します。

すると、すぐさま風呂に入り15分であがります。

これで0:20くらいですね

 

それから30分間は、部屋を暗くして

パソコンの明かりだけで、ネットサーフィンをしていました。

ヤフーニュースみたり、僕はYoutube派なので

youtube動画みたり、いつも見ているブログをみたり

 

それだけでもずいぶん心を落ち着かせることが

できたものでした。

 

だいたい0:45には眠りにつきます。

朝は6:30くらいに起きていました。

 

これでも睡眠時間は6時間弱は確保できます!

これが5時間とかになると、結構きつくなるんですよね。

 

そして、6:30~7:30は、食事したり

TVのニュース見たりでゆっくり過ごしました。

それから出勤です。

 

職場では1時間の昼休みがありましたが、

10分で弁当を自分の席で食べ、

15分ネットサーフィンをして

35分は睡眠に充てていました。

 

これにて、疲れを極力溜めないようにしました。

 

土日は友達に会ったり、

都心に出て、繁華街を適当に徘徊したり

ドライブで隣の県に遠出をして

温泉に日帰りで行ったりして

癒されるように過ごしていました。

 

これにより、リセットできたのです。

 

なので、日ごろ自分が安らげる

楽しみをいかに持つかだと思います。

プロセスアプローチの有効性と効率性(両方書かなきゃいけないですか?)

IATFでは、プロセスアプローチによるPDCAが求められております。

 

タートル図の右下には、KPIを書かなくてはいけません。

 

IATFでは、要求事項に

プロセスの効率が求められています。

 

有効性の定義:

目標が達成された程度です。

例えば、クレーム件数とか、トラブル件数とかです。

 

効率性の定義:

目標を達成するために、いかに人・モノ・金・工数を

少なくしてできるかという指標になります。

 

たとえば、開発であれば、設計変更回数とか

工場であれば、仕損費とかになります。

 

ですが、プロセスアプローチには、必ずしも

両方書く必要はありません。

なぜなら、両方書けという要求はありませんし、

 有効性と効率性どちらともとれる

指標が存在するからです。

海外出張中に疲れないコツ

それは、出張中の食事で少食に

抑えることです。

 

これは僕が、海外出張5日間にて

実践した結果言えることです。

 

腹6分に抑えるのです。

 

朝食はホテルのビュッフェになります。

ついたくさん食べがちですが

 

パン一切れ、その他少々と

飲み物だけにして、全然満腹感を

感じないうちに食事を中断して

そこで食べるのをやめるようにしました。

 

眠気にも昼間襲われませんし

体が軽く集中力も保てました。

 

帰国後も、体重も増えていませんでした。

 

出張中は、様々な要因で肉体的にも

精神的にも疲れることがあります。

楽しい出張の場合はいいのですが、

そうでないケースが多いのでは

ないのでしょうか。

 

移動の疲れ、気温湿度の環境の違い

文化・食事の違い、言語の壁、

慣れない海外、

短期間でミッションやアウトプットを

出して帰らないといけない

重圧とプレッシャー

 

昼間は気が張っており、現地の

外国人のスタッフなどとの

英語などでのやり取りで

消耗します。

 

夜は夜で、食事会に誘われたりすると

ホテルに戻るのも遅くなり、

一人でゆっくり休めません。

 

更に夜は、レポートをまとめたり

その日の報告書書いたり

溜まったメールを処理したりで

結局、夜なべをすることになることが多いです。

 

そうすると必然的に

睡眠時間が犠牲になり

疲れがたまり始めます。

 

そのような時こそ、

食事を少なめに抑えたら

疲れがたまるのを抑制できます。

 

現地での出張が終わり

最後空港に行く時、飛行機に乗る時は、

十分リラックスをして

疲れを取りましょう。

 

 

 

 

 

MSAのndc(知覚区分数)が5を超えません。どうしたらいいですか?

MSAを実施していると、ndcが2とかになり

5を超えないと嘆く方もいるかと思います。

これは、測定治具がメジャーとか

最小範囲が荒く、測定のばらつきが

起きやすい計測器にて起こりえます。

 

通常のやり方としては、サンプリングは

その工程のばらつきを代表するものを

選ぶとされておりますが

 

思い切り、規格の上限、下限付近に

大きく振ったサンプルを用意しましょう。

そうすれば5を簡単に超えます。

 

ndc(知覚区分数)は簡単に言えば

測定者らの分解能を示しています。

 

要は、100mm、101mm、101.5mmと

言ったサンプルを、測定した結果

きちんと見分けて測定できるかを示しています。

 

物そのもののばらつき >  測定者のばらつき

の相対比較なので、物をばらつかせたら

多少人がばらついても、ndcが大きくなるわけです。

ISO/IATF16949の外部審査で最低限これだけは準備しておこう(工場編)

私は工場で、ISO/TS161949の事務局を4回に亘り担当してきました。その時の経験から言えることを書きます。

 

【超重要】Ma-NC(重大な不適合を喰らわない為に)

①内部監査

内部監査の計画、実施記録は、必須であり、内部監査見実施だと、Ma-NCで認証取り下げのプロセスが発動されますよ!なかなか書籍には書いていないですが、これはルールとして決まっています。

②前年度の指摘事項の是正エビデンス

前年度の外部審査でのMI-NCの指摘事項が治っておらず、再発と判断された場合もメジャー(重大な不適合)となります。

これを防ぐためには、是正処置のエビデンスに加え、そのあとの継続的な維持状態(そのあとにモニタリングや内部監査をして、対策状態が維持されたのを確認したとか)を記録として残し、それを監査官に見せる必要があります。是正処置のエビデンスだけでも何とかいけますが、ちょっと説得に弱いです。

 

【重要】

①クレームとトラブルの原因のなぜなぜ分析、

 その是正処置、有効性評価

 

※なぜなぜが甘く、単にクレームの事象だけクレーム回答書・報告書の原因欄に記載してあり、MI-NCを喰らうケースが非常に多い

 

②コアツールは最低限実施

 

※クレームやトラブルの対策内容がFMEAに反映されていないと、即MI-NCとなることが多い。面倒でも無理やりでも、その対策内容はFMEAに加えておく。

 

※FMEAは、参照マニュアル第四版のフォーマット通りにきちんと書きましょう。これを逸脱すると、これまたMI-NCの可能性があります。点数付けも検出の目視は8点としましょう。

 

※MSAは概念難しく、面倒で製造課もやりたがりませんが、年に最低1回はやっておき、その記録を見せるようにしましょう。

 

※SPC(工程能力)でCランクとかになった場合は、その処置をきちんと記録しておこう

 

※技術部門はAPQPとPPAPの事例を1例は用意しておこう

 

③ KPI未達成の場合の取り組み内容

放置しているとPDCA回っていないと判断され、MI-NCとなります。どういう対策や取り組みを行っているか、何か資料などのエビデンスで説明しましょう。既に使い回している社内用のパワーポイントのプレゼン資料などを使って説明してもかまいません。

 

④現場の監査での安全

意外かもしれませんが、耳栓が必要な騒音区域で、耳栓をしていない作業員を現場で監査官が確認したら、MI-NCとなる可能性があります。IATFだから品質の審査だから、安全や環境なんて関係ないんじゃない?と思うかもしれませんが、

落とし穴が!IATFの要求事項の中に、「要員の安全」要は作業環境の要求事項が少しだけ存在するんですね

 

⑤現場監査でのQC工程図

その通りに作業をしていないとMI-NCです。

 

⑥計測器の校正

これも試験所プロセスや、設備プロセスで確認されます。

 

あとは、製造課の人たちは、MSAって何?

コントロールプランって何?

とか、ISO特有の用語を知らずに

 

本審査で審査官に質問され、固まったり

混乱したりすることがあるので

 

基本的な用語は勉強会や一覧にして

事前に展開するようにしましょう。

 

これらができれば、MI-NCが

数件レベルで重大な不適合とは

ならないはずです。

 

MI-NCを0件に抑えるのは

極めて難しいです。

なぜなら審査官は、100以上ある

要求事項の中から、ランダムに網羅的に

サンプリングで深く質問してきます。

 

なので、どこかしらで

必ず指摘はもらうものです。

 

その時は、いい改善のチャンスだと

捉えて真摯に受け止めて

是正していくようにしましょう。

 

 

 

 

 

アメリカの出張は帰りが遅くなる(金曜朝発~日曜日午後着)

1週間、2週間単位で出張するケースを想定します。

こんな短期の海外出張があるビジネスマンの人も多いでしょう。

 

こんな場合、たいがいのケースでは

出発は、日曜日の早朝に日本発、

現地には、日曜日の午後に着きます。

 

帰りは、土曜日の午前に現地発

日本には日曜日の午後に着きます。

 

月曜日の朝に出発し、金曜日の夕方までに

帰るというスケジュールは

なかなか組ませてもらえません。

 

必ず土日の半分は犠牲になります。

 

帰りはなぜこんなに時間かかるのかと

いうと簡単に言えば時差ですね

帰り程、日本は時間が進むのです。

 

例えば、アメリカの地方都市で

出張を終えて、地方空港から、アメリカの大空港(日本への直行便)

へ向かう場合は、

 

出発は、金曜日の朝です。

すると、次のアメリカの大空港の出発は

正午付近になります。

 

そこから日本までは、例えばシカゴ空港からですと

単純に12時間くらいかかります。

かなり長い道のりです。

 

そしたら、着くときは、土曜の深夜ではなくて

成田空港に日曜日の昼過ぎに着くのです。

成田は都心から遠いので、家に着くのは夕方です。

 

洗濯や片づけをしていたら、あっという間に

夜ですよ

 

そういう時は、飛行機を楽しみましょう。

機内食や、ワインや飲み物は出てくるし

映画もゆっくり観れます。

眠くなれば寝ればいいです。

 

何か資格の本など自己啓発本でもいいでしょう。

 

会社から電話やメールもきません。