大手企業、品質保証部門サラリーマンの日常と実態

旧帝大クラス大学・大学院卒、品質管理技術者の日常と実態

新卒就活時に、失敗しない方法とは

一にも二にも、リスクヘッジに尽きます。

要は滑り止めを受けておくことです。

 

業界の1、2番手の企業は、特に学生に人気が高く

内定を取るには、相当な倍率があります。

 

理系の場合は、学校推薦枠というのがありますから

それを活用できる企業もありますが、そうでない自由公募の

企業が多いのが実態です。

 

特に文系は自由公募でしょう。

 

では業界4、5番手くらいを受ければいいんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、世の中そう甘くはありません。

 

たとえば製薬会社の場合、

1、2番手は、武田薬品工業第一三共といったところです。

製薬会社は一番タチが悪く、研究職は採用枠がわずか10~30人くらいです。

 

そこに薬学部、理学部、工学部、農学部といった

あらゆる理系の学部や院生が応募してくるのです。

数千人も応募してきます。

旧帝大クラス以上、東大レベルでないと内定は簡単ではありません。

 

では4、5番手というと、

中外製薬大正製薬といったところです。しかしここも

上記と変わらず、激戦区で、有名大学の学生でないと

内定はとれません。

 

じゃあ10番手くらいなら?と思うかもしれませんが

製薬会社自体が、学生に人気がありすぎ

採用枠も数人~数十人なので、基本的にどこであっても

難しいです。

 

10番手というと、持田製薬生化学工業小野薬品工業など

このあたりでしょう。

しかしこれらの企業でさせ、待遇がいいので、学生に

人気が高いのです。

 

つまり製薬会社の研究職を目指す学生は

基本的にいばらの道で、旧帝大クラス以上でないと

内定は容易でないといえます。

 

これは食品や化粧品メーカーも、まったく同様です。

 

少しましな化学メーカー(素材)ですが、製薬会社よりも激戦ではありませんが

基本的に学生に人気であり、入るのは難しいです。

 

三菱化学住友化学といった超大手ばかり

受けても、普通のレベルの偏差値の大学生の場合、

最終面接はおろか、1時面接突破すらに難しい可能性は高いです。

 

4、5番手くらいの、東ソー、昭和電工三菱ガス化学

日本化薬も基本的に、有名大学でないと入れないです。

理由は化学系は、待遇がよく安定しているからです。

 

では普通の偏差値(50ちょいとか)の学生は

化学メーカーはどこを受ければいいのでしょうか?

 

日産化学、保土ヶ谷化学、トヨタ合成、東邦化学

といった中堅メーカーも受けておくべきです。

これらの企業の場合、一流大の学生はあまり受けてきませんので

受かる確率は高まります。

 

一番穴場なのは、自動車メーカーです。

トヨタは大卒を1100人とか採用しています。

募集人数が多いのです。

MARCHレベルの学生でも内定もらい

働いているケースを知っています。