大手企業、品質保証部門サラリーマンの日常と実態

旧帝大クラス大学・大学院卒、品質管理技術者の日常と実態

休日の基本的な過ごし方

品質保証部や品質管理の仕事をしている人は

ストレスが多い職場だと言えるでしょう。

 

特に工場内でのスタッフ部門の場合は、顕著です。

 

まず本社や営業からは、顧客からのクレーム情報が来て、その場合すぐに現品の調査、過去の製造記録の調査をして、原因を特定して、対策を打たなければいけません。

 

また日々の生産の中でも、品質のトラブルが突発的に起きます。その場合ロット追跡をして、不適合品の流出を食い止めると当時に、応急的な対策も考えなくてはいけません。

 

ほかにももっとあり、きりがないですが、このようにクレームやトラブルなどの突発事態に真っ先に対処しなければならないのが、品質管理、品質保証部なので、ストレスが

たまるのです。

 

その場合、土日はなるべく、ストレスから解放され、ゆっくりと休むに尽きます。あれやこれや仕事のことが気になるかもしれませんが、ひとまず頭の片隅くらいに入れておいて、しっかりと休むことが重要です。そうしないと長いサラリーマン人生、心身ともに持たないですよ。

 

土日が休みの場合、金曜日はなるべく早めに寝るようにしています。なぜなら、金曜日に夜更かしをすると、土曜日に起きれません。朝11時くらいに起きてしまったら、朝ご飯と昼ご飯が一緒になってしまい、なんだかんだで、活動開始でるのが午後からになってしまい、もうその時点で半日をパーにしてつぶしているのです。

あっという間に夕方になってしまい、貴重な休日を無駄にしてしまいますよ。

 

私の場合、土曜日でも朝5時半とか6時くらいに起きるようにします。そしてネットで英語の勉強をしたり、ニュースを見たりしながらマッタリして過ごします。

6時には朝ご飯を食べ、朝早くからどこかに出かけたりします。

 

そうすれば午前中から、いろんなところに行けますし、貴重な土曜日を長く過ごせるのです。温泉とかに行くこともありますし、ドライブをしたり、都内を散策したりします。カフェでまったりして、本を読んだりするのもいいですね。

本屋さんに行き、ビジネス本とかを見つけるのも好きですね。

 

土曜の夕方は飲みに行ったり、自宅で飲んだりして気晴らしをします。

 

日曜日については今後書きます。