大手企業、品質保証部門サラリーマンの日常と実態

旧帝大クラス大学・大学院卒、品質管理技術者の日常と実態

2σ管理とは何ですか?

簡単に言えば、ばらつきの幅よりも

より狭いところに管理限界線を引いて

それを超えたらアクションを取ろうというものです。

 

アクションとは、そのロットに対する物の処置や

(出荷を保留とし、追加の品質確認テストするとか)

中心値是正、ばらつき是正といった工程能力改善

にあります。

 

管理試験の頻度は、それぞれあり

直毎、1日毎、中には1か月毎に

行うものもありますが、物によりけりです。

 

2σ管理は、例えば3σのところに規格幅がある

としたら(Cpk1.0 =1000個中3個外れる)

2σ(100個中5個くらいいが外れる)位置に

管理限界を引こうというものです。

 

通常なら管理幅に入って当然のものが

外れているとすれば、これは何か工程に

特異な異常があるのでは?ということで

本当に規格外れになる前に、是正しようというものです。

 

ここで大前提となるのは、工程能力が十分確保された

状態でこの2σの管理試験をやる意味があるということです。

 

たとえばCpkが0.67レベルの工程の場合、

2σあたりに管理限界線を引いたらどうなるでしょうか。

それは、管理外れが33%くらいの確率で

頻繁に起こることを示しています。

この状態では、管理試験をやっても意味がなく

工程の処置工数が増えるだけです。

 

その前に、まず工程能力をきちんと直して

安定させる活動が必要です。