ISO9001とIATF16949内部監査のチェックリストの作成ポイントを教えてください

工場、製造所における

ISO9001とIATF16949内部監査において

内部監査員による監査の見方のばらつきを

少なくするには

 

チェックリストの充実化が必要です。

 

チェックリストは、企業内で本社機能から基本となる

チェックシートが、ルールとして決まっており、

既に提示されているのかもしれませんが

 

個人的には、工場内のISO事務局にて

独自に作成することをお勧めします。

僕は、自分でチェックシートをオリジナルで

作成して、課長に承認もらい、工場内の

内部監査で活用をしていました。

 

そうしたほうが良い理由はいくつかあります。

 

①本社機能から提示されるチェックシートの

 内容が小難しくわかりにくい可能性がある

 

ISOの要求事項の文言や

用語・言い回しをそのまま引用した

ようなチェックシートとなっているケースが多く

まず製造現場にとって、何を言っているのか

何を準備したらいいのかわかりにくいことが

あるからです。

 

②本社機能から提示されるチェックシートは

必ずしも、自分の工場で重点的に確認したい

項目と異なる

 

自分の工場の弱みや、昨年度の本審査での

指摘事項の重点フォローなど、組織により

確認したいポイントは異なるはずです。

 

チェックシートを作成する時のポイントを

教えます。

 

まずチェックシートのボリュームに

関してですが、A4 1枚で十分です。

こう書くと、

 

「えっ、待ってください」

「だって、ISOの要求事項は100以上あり、

それぞれの個々の要求事項に関しても

内容(文)が長いですよね」

 

ならばチェックシートは、何枚にも

及ぶのでは?と思う方もいるかと思いますが

それは間違いです。

 

僕もかつて、そう思い、A3で5枚分くらいに

亘る長いチェックシートを、各内部監査員に渡し

この中で優先度を2段階(つまり必須と、WANT)

(これも、僕の匙加減ですが・・・)

に分けたので、網羅的に見よと指示したのですが

 

みんなにとっては、難しすぎてうまく

見ることがなかったようです。

 

なので、チェックシートはシンプルに

項目としては、20個くらいでしょうか。

それくらいでA4 1枚にしました。

 

では、約20個のチェックシートは

どのような内容を盛り込めばよいでしょうか。

 

まず大きくは

①前回の本審査と内部監査の指摘事項が

 継続して改善維持されているか

 

②ISOの要求事項の網羅性

4~8章までの要求事項において

重要そうなのを2個ずつくらい選んで入れましょう。

 

ここで入れていくとよいのが

・品質目標と実績、未達の場合の改善(プロセスアプローチ)

・コアツールが、それぞれ行われているか

・クレームや品質トラブルの是正活動

・教育訓練

・文書管理

・計測器管理

・継続的改善活動

 

このあたりになります。

※それぞれのチェック項目には、要求事項の

4.1.2みたいな、ISOの要求事項番号も書いておきましょう。

そうすれば、ISOの要求事項の重要ポイントを

網羅的に監査していることを示せます。

 

毎年同じチェックシートだと。網羅とは言えないので

主要な項目は固定しつつも、毎年、ISOの要求事項にて

確認する項目は、少しずつ変化させるといいです。

 

③製造工程監査

QC工程図をもとに、その通通り

やれているかを監査しましょう

 

④シフト監査

直間の申し送りや、直切り替わり後の

現場のオペレーションが前の直と

同じであるかをチェックしましょう

 

⑤製品監査

検査工程では、必ず必要です。

 

これらのチェックシートの

各項目に対する、確認結果までは

詳しく書く必要はありません

(つまりチェックシートの各項目の

右側に空欄を設けて、設問ごとの

結果を書く必要まではありません)

あくまで内部監査時のチェックシートです。

 

では、各プロセス(監査対象各部署)

における監査結果は、チェックシートとは、

別に専用帳票に書くといいです。

 

ここにどのような内容を書くとよいかは

次回詳しくご説明しましょう