インドネシアは、東南アジアでも過酷度が高い

インドネシアジャカルタ近郊に出張に行った時の話です。

 

イスラム教の国だけあって

雰囲気もやや異様でした。

 

ジャカルタスカルノ空港に着くと

独特なにおいに、見慣れないインドネシア語

サブマシンガンを構えた軍人

 

気温は30度くらいも

外は蒸し暑かったです。

 

道路事情は、発展途上国そのもの

車が増えてきていますが、まだまだ

バイクがかなり多いですね。

 

しかも鉄道・電車が発達していないので

道路は慢性的に渋滞しています。

市の中心地を抜けるのに、2時間くらいかかるほどです。

猛烈に混みます。

 

イスラム教の国なので、ビールや酒は

探すのに苦労します。

一般の飲食店にはなく

ホテルのバーにようやくありました。

 

朝4時くらいから、どこからともなく

コーランの音が鳴り響いてきて

起こされます。

 

まさしく洗礼です。

 

更に午後はスコールになりやすいです。

 

ラマダーンの期間中に行きました。

夕方の日の入りになると

街中の人が集まり、食事でにぎわいました。