タイ、ベトナム、インドネシアなどは、夜行便で帰れる!ただし中国は夜行便なし

海外出張をしているビジネスマンの人なら、

おそらく、木曜日か金曜日に日本へ向け、帰国便に乗ることが多いかと思います。

 

東南アジアの場合は、夜行便があるからいいですよね。

 

タイなら現地23時前、 インドネシアもそのくらい、

ベトナムなら、深夜1時くらいです。

 

そうしたら、東京の羽田空港には朝6時半くらいに着いて、

空港を7時過ぎに出れ、朝の早いうちに帰宅ができる。

 

仮に土曜日の場合でも、休みをほぼつぶすことなく

過ごせていいですよね。

 

これが夜行便の利点です。年配の方だと

夜行便を敬遠して、次の日の午前の便で帰る方もいます。

 

僕は夜行便は好きです。それは深夜なので眠くなっていますし

出張をその日に終えての安堵感もあります。

そのまま飛行機で寝てもいいですし、映画を少し見て

ワインを飲みながら寝ることもできるからです。

目が覚めたら、日本の朝です。

 

早朝5時前に、夜明けで明るくなる空を

見ながらの朝食の機内食も好きです。

 

中国だとどうでしょうか?日本(東京)までの距離は

せいぜい2000kmといったところでしょう。

こうすると、夜行便が出せないんですよね。

せいぜい2~3時間で着いてしまうから、中途半端な時間になる

 

なので、例えば金曜日の午後に出張先での仕事を終えても

そのまま空港に向かい、飛行機に乗り、深夜に日本へ着くことはできず

 

翌日の午前中の便で、日本に着くのが昼過ぎとか

そんな中途半端な時間になってしまうのです!!

 

中国は距離的には、九州の先にあるくらいで

近いのですが、意外と時間はかかってしまう。

これは覚えておいたほうが良いです。