プロセスアプローチの有効性と効率性(両方書かなきゃいけないですか?)

IATFでは、プロセスアプローチによるPDCAが求められております。

 

タートル図の右下には、KPIを書かなくてはいけません。

 

IATFでは、要求事項に

プロセスの効率が求められています。

 

有効性の定義:

目標が達成された程度です。

例えば、クレーム件数とか、トラブル件数とかです。

 

効率性の定義:

目標を達成するために、いかに人・モノ・金・工数を

少なくしてできるかという指標になります。

 

たとえば、開発であれば、設計変更回数とか

工場であれば、仕損費とかになります。

 

ですが、プロセスアプローチには、必ずしも

両方書く必要はありません。

なぜなら、両方書けという要求はありませんし、

 有効性と効率性どちらともとれる

指標が存在するからです。