海外出張中に疲れないコツ

それは、出張中の食事で少食に

抑えることです。

 

これは僕が、海外出張5日間にて

実践した結果言えることです。

 

腹6分に抑えるのです。

 

朝食はホテルのビュッフェになります。

ついたくさん食べがちですが

 

パン一切れ、その他少々と

飲み物だけにして、全然満腹感を

感じないうちに食事を中断して

そこで食べるのをやめるようにしました。

 

眠気にも昼間襲われませんし

体が軽く集中力も保てました。

 

帰国後も、体重も増えていませんでした。

 

出張中は、様々な要因で肉体的にも

精神的にも疲れることがあります。

楽しい出張の場合はいいのですが、

そうでないケースが多いのでは

ないのでしょうか。

 

移動の疲れ、気温湿度の環境の違い

文化・食事の違い、言語の壁、

慣れない海外、

短期間でミッションやアウトプットを

出して帰らないといけない

重圧とプレッシャー

 

昼間は気が張っており、現地の

外国人のスタッフなどとの

英語などでのやり取りで

消耗します。

 

夜は夜で、食事会に誘われたりすると

ホテルに戻るのも遅くなり、

一人でゆっくり休めません。

 

更に夜は、レポートをまとめたり

その日の報告書書いたり

溜まったメールを処理したりで

結局、夜なべをすることになることが多いです。

 

そうすると必然的に

睡眠時間が犠牲になり

疲れがたまり始めます。

 

そのような時こそ、

食事を少なめに抑えたら

疲れがたまるのを抑制できます。

 

現地での出張が終わり

最後空港に行く時、飛行機に乗る時は、

十分リラックスをして

疲れを取りましょう。